itayaお問い合わせ
来場予約
メニュー
Topics

トピックス

2022.05.19

スタッフブログ

梅雨の時期の湿気対策を知っておくと、梅雨でも快適に暮らせます!

こんにちは。
岐阜県全域と愛知県北部で分譲住宅や、自由設計の住宅を販売している伊田屋です。

今年も梅雨の季節が近づいてきましたが、梅雨の時期に、気をつけなければいけないのがカビの発生です。カビの多い部屋で過ごしたり、カビを吸い込んでしまうとアレルギーなどの健康被害を引き起こしてしまうことも。それに、お家の劣化にもつながります。

十分な気密ができていなかったり、住宅内の空気の流れを計画的にコントロールする「計画換気」がされていないと、湿気が溜まりカビの原因となってしまいます。

とは言っても、お家の中にある程度の湿気がないと、乾燥して喉が痛くなったり、お肌が乾燥してしまうので、適度な湿度は必要です。しかしその湿度が滞留してしまうと、そこからカビが発生するのです。季節によって、湿度が変わりますので、日本に住む限りは、この湿気と上手に付き合わなくてはいけません。

この時期、湿気の多い脱衣室などは、使った後にサーキュレーターを回すだけでも、カビ予防になります。湿気を滞留させないためには、とにかく空気を循環させることがポイントです。

他にも、調湿効果のあるエコカラットを壁紙に取り入れるのも、年間を通した湿度対策になります。
デザイン性と機能性の両方を持ち合わせているので、リビングに取り入れるご家庭が多いのですが、クローゼットや洗面など、湿気が気になる部分に取り入れるのもオススメです。
クローゼットでは、衣類を湿気から守ってくれるだけではなく、スーツやコートについた体臭やタバコ臭も吸収してくれるので、一石二鳥です♪

ちなみに、人間からも蒸気が出ているのをご存じでしょうか?
家族が同じ場所で寝ると、家族全員分の蒸気が滞留してしまうので、サーキュレーターを回したり、分散して寝るなどの工夫をして、梅雨を快適に乗り切りましょう!

CONTACT
ご相談・お問合せ
は無料です
伊田屋の家づくりに関する
ご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください